金返せ!時間返せ!パソコン検定試験に落ちた生徒が教室に怒鳴り込み!?

試験に落ちて怒鳴り込み

転職するためにパソコン検定試験にチャレンジ

40代の女性の方が転職したいので「パソコン検定試験」を受けたいと申し込みがあった。

最近はどんな仕事でもパソコンを使うので「出来ない」では勤まらない。せめて最低限はパソコンを使えるようになっておいた方がいい。

私は彼女を合格させてあげたいと思い承諾した。

「忙しい、忙しい」の繰り返しで授業に出てこない

試験日を決め、合格に向けてのカリキュラムを組んだ。彼女も「頑張りますのでお願いします!」と意気込んでいた。

私も「絶対に合格させる!」と気合を入れていた。しかし…

「今日は忙しいので授業に出れません」

「今日は友達と約束があるので行けません」

「他の習い事の予定が入ったので行けません」

とほとんど授業に出てこない。そうしているうちに試験日になってしまった。試験日当日はさすがに現れた。

結果は案の定…

パソコン検定試験不合格もちろん不合格でした。いくらパソコン検定試験の合格率が高いといっても、それは勉強した人の話。何もしていないのに受かるわけがない。そのことは彼女も分かっていると思っていた。しかし、

「不合格なんておかしい!この教室は詐欺だ!」

「受からなかったから授業料を返してほしい!」

「期待させた責任はどうするんだ!」

「時間を無駄にした。責任を取れ!」

「私だけ試験が難しかった、嫌がらせか!」

と怒鳴り込んできた。しかも他の生徒さんがいる授業中に。

ほとんど授業に出てこられなかったので仕方ないです。と説明すると「私の予定をお前が決めるな」と怒鳴り手が付けられなかった。30分以上怒鳴り続けた挙句、「二度と来るか!」と捨て台詞を吐いて帰って行った。

勉強しなくても本気で受かると思っていたようだった。

余裕の時間のある人なんていない、時間は作るもの

こちらのカリキュラム通りにこなし、自宅でも復習をして不合格だったのならこちらにも責任があるので追加レッスンをします。「時間がないから」「忙しいから」と言われてもこちらの責任ではありません。

そもそも時間とは作るものでしょう。時間を作るか作らないかは本人しだいであって他人には関係ない事なんですよね。

自分だけが忙しい訳ではなくみんな忙しいんです。限られた中で時間を作りやりくりしている訳ですから。

何かを始めるにあたって、最初から「時間がない」「忙しい」とアピールする人はやめた方がいいですね。お互いが嫌な感じになりますから。